仲介物件を探す

中古マンションや土地などの不動産物件を探す際、まずするべきことは、良い不動産会社のパートナーを見つけることです。また、不動産会社は、大きく分けて、「仲介会社」と「売主会社」に分かれます。不動産会社が取り扱っている物件の種類によって、「仲介会社」か「売主会社」かに決まります。「仲介会社」は、売主と買主のエージェント(仲介)を担っており、「売主会社」は自社の物件販売を行っています。中古物件を取り扱う不動産会社は、大体「仲介会社」の企業形態になっています。「仲介会社」の特徴としては、中立的な立ち位置を取っており、必要以上の物件PRをせず、公平な態度で幅広い物件を取り扱っていることが挙げられます。「売主会社」の特徴としては、自社の物件販売を行っているので、詳細な説明をしてくれる分、PRもそれだけ過剰になりがちなことが挙げられます。

たとえば、土地をうまく利用したい場合、不動産会社の手を借りることになると思います。不動産会社なら知識やノウハウを蓄えているので、相談役としては最適でしょう。しかし、不動産会社の中にも、もちろんスタッフの質の上下があります。もし、信頼できる相談相手を見つけられたなら、的確なアドバイスをもらえることでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 一軒家を建てる時に必要なコト All Rights Reserved.